競馬の厩舎データと予想とニュース
≪2017年09月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年11月≫
ほっとけない 世界のまずしさ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドバイGS、バンブーエールは大健闘の4着
2009年03月29日 (日) | 編集 |
 バンブーエールが世界の強豪スプリンターを相手に大健闘を見せた。現地時間28日にドバイ・ナドアルシバ競馬場で行われたドバイゴールデンシャヒーン(3歳上、首G1・ダート直線1200m、1着賞金120万米ドル、12頭立て)に、日本から出走したバンブーエール(牡6、栗東・安達昭夫厩舎)は、勝負どころで一旦は馬群の後方まで下がったものの、ゴール前で一気の伸び脚を見せ、4着に食い込んだ。

 手綱を取った武豊騎手は「良い走りをしてくれたし、スピードで負けることもなかった。他の馬がバテても最後まで踏ん張ってくれましたし、力のある馬だと思います」と、初めてコンビを組んだパートナーを讃える。

 このレースにはこれまでに5頭の日本馬が参戦し、02年ブロードアピールと04年マイネルセレクトの5着が最高。レースを見届けた安達調教師は、「レースは武(豊)騎手に任せていました。パドックから落ち着いていましたし、スタートも良かった。(日本馬最先着の4着に)よくやってくれたと思います。これを機会にまた頑張って欲しいし、また選ばれるようにしたいですね」と今後の抱負を語った。

 勝ったのはJ.ヴァレンズエラ騎手騎乗のビッグシティマン Big City Man(牡4、サウジアラビア・J.バートン厩舎)。勝ちタイムは1分08秒93(良)。1.1/4馬身差の2着はインディアンブレッシング Indian Blessing、さらに5馬身差の3着にはダイアボリカル Diabolicalが入った。

◆ビッグシティマン
 父Northern Afleet、母Mini Appeal(その父Valid Appeal)という血統の米国産馬。2走前のアルシンダガスプリント(首G3)を制すなど、デビューから7戦5勝2着2回という安定した成績を残しており、今回がG1初出走だった。通算成績8戦6勝(重賞2勝)。


01 ビッグシティマン Big City Man 1:08.93
02 インディアンブレッシング Indian Blessing 1.1/4
03 ダイアボリカル Diabolical 5
04 バンブーエール 1/2
05 フォースフリーズ Force Freeze 1/2
06 ブラックセブンティーン Black Seventeen 3/4
07 ハマディ Hammadi 3/4
08 マチスモ Machismo 1/4
09 ラッキークオリティ Lucky Quality 5.1/2
10 チェンジアレイ Change Alley 短頭
11 バルサザールズギフト Balthazaar's Gift 8
12 マルシャンドール Marchand d'or 短頭

人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村 競馬ブログへブログランキング

blogbanner
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TCK.tv
おすすめ商品1!

広告

FC2カウンターは無料です カウンター                      月額で無制限に遊べる Shockwave gameblast                                     自然派コスメ エバメール化粧品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。