競馬の厩舎データと予想とニュース
≪2017年06月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年08月≫
ほっとけない 世界のまずしさ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペールギュント引退…フランスで種牡馬に
2009年03月13日 (金) | 編集 |
 デイリー杯2歳S(GII)、シンザン記念(GIII)を勝ち、高松宮記念(GI)2着など短距離路線で活躍したペールギュント(牡7歳、栗東・橋口弘次郎厩舎)が、13日付けで競走馬登録を抹消したことをJRAが発表した。

 ペールギュントは2004年7月、阪神競馬場でデビュー。デビュー戦は3着に終わったが、2戦目ですぐに勝ち上がり、9番人気で挑んだデイリー杯2歳S(GII)を小牧太騎手で勝利。重賞初制覇を達成した。その後、東京スポーツ杯2歳S(GIII)2着の後、朝日杯FS(GI)では1番人気に支持されるも3着。惜しくもGI制覇はならなかった。

 3歳になりシンザン記念(GIII)を武豊騎手で快勝。クラシック路線に進んだが、皐月賞6着、NHKマイルC4着、日本ダービー15着と結果を出すことはできなかった。

 その後は長い低迷期に入るが、07年の高松宮記念(GI)では13番人気で2着し、3連単54万馬券を演出した。

 父は大種牡馬サンデーサイレンスで、母は桜花賞2着のツィンクルブライドという良血馬。半兄のフェリシタル(父トニービン)はペールギュントとは逆に長距離路線で活躍した。

 引退後は、サンデーサイレンスの後継として日本ではなく、フランスで種牡馬になる予定。

人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村 競馬ブログへブログランキング

blogbanner
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TCK.tv
おすすめ商品1!

広告

FC2カウンターは無料です カウンター                      月額で無制限に遊べる Shockwave gameblast                                     自然派コスメ エバメール化粧品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。