競馬の厩舎データと予想とニュース
≪2017年07月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年09月≫
ほっとけない 世界のまずしさ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドバイ遠征日本馬2頭が馬場入り
2009年01月24日 (土) | 編集 |
 来月のドバイ・ナドアルシバ競馬場でのレースへ向け、現地で調整が続けられているブラックエンブレム(牝4、美浦・小島茂之厩舎)とアースリヴィング(牝3、美浦・小笠倫弘厩舎)の2頭について、現地からの最新情報が入った。

 本日(現地時間24日)より馬場入りが解禁。前夜にかなりの量の雨が降り、朝一番ではダートコースの使用が禁止に。しかし、2頭が入る時間帯にはちょうどそれも解除され、予定を変えることなく進めることができた。

 今日は馬場やそこへ向かうルートを見せることが主目的。調教時の入り口はおむすび型の頂点にあたる部分(ダート1600mのスタート地点付近)なのだが、そこから入って4コーナー付近まで調教師・厩務員とともに常歩。その後スタンド前あたりからダクに移り、1コーナーからごくごく軽いキャンター。2頭ともイレ込んだりすることなく、落ち着いてこなしていた。

【小島茂師(ブラックエンブレム)のコメント】
「だいぶ馬も現地に慣れてきたようで、担当厩務員も『いつもの雰囲気に戻ってきた』と言っています。今日は馬場に入れましたが、馬場を見せることが主目的で、それについてもうまくいったと思います。明日から本格的な調教を進める準備が整ったという感じがします」

【小笠師(アースリヴィング)のコメント】
「予定どおり馬場入りしてごく軽いキャンターまでしましたが、馬は落ち着いていましたね。常歩のときの歩き方などは、日本にいるときよりも良いくらいの印象です。まだレースまで時間があるので、馬の状態と相談しながらじっくり進めます」(取材:須田鷹雄)

人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村 競馬ブログへブログランキング

blogbanner
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TCK.tv
おすすめ商品1!

広告

FC2カウンターは無料です カウンター                      月額で無制限に遊べる Shockwave gameblast                                     自然派コスメ エバメール化粧品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。