競馬の厩舎データと予想とニュース
≪2017年10月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   2017年12月≫
ほっとけない 世界のまずしさ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WSJS、フランスのメンディザバル騎手が優勝
2008年12月08日 (月) | 編集 |
 6日から始まった「第22回ワールドスーパージョッキーズシリーズ」は全4レースを終え、7点差で2位につけていたフランスのI・メンディザバル騎手が最後の対象レース、ゴールデンホイップTで14番人気マッチメイトで2着に入り、15点を獲得し4レースの合計を45点とした。見事な騎乗で大逆転優勝となった。

 3レースを終えて首位に立っていた小牧太騎手は13着に大敗し合計38点、最後に勝ったD・ホワイト騎手は42点までしか伸びず、3点差で優勝を逃した。

 メンディザバル騎手は、1974年生まれの34歳。16歳で騎手デビューしたが、下積み時代が長く、トップ戦線で騎乗できるようになったのは20代後半からだった。

 02年にリーディング2位、03年にはコメルカンテでプシケ賞を制し、重賞初制覇。GI初勝利は04年サンタラリ賞(アスクフォーザムーン)。この年は年間220勝という歴代最多勝記録を樹立し、初の仏国リーディングも獲得した。

 08年6月、ヴィジョンデタに騎乗して仏ダービーを初制覇。現在、2位のC・スミヨンに20勝以上の差をつけて、2度目のリーディングを目前としている。WSJSは3回目の出場。

【最終順位】
01 I.メンディザバル 45点
02 D.ホワイト 42点
03 小牧太 38点
04 C.ウィリアムズ 35点
05 B.シン 32点
06 J.ムルタ 31点
07 福永祐一 26点
08 菅原勲 25点
09 安藤勝己 24点
09 内田博幸 24点
11 A.ガルシア 23点
12 後藤浩輝 11点
13 岩田康誠 10点
14 E.プラード 7点
14 A.シュタルケ 7点

【メンディザバル騎手のコメント】
「私にとって、JRAでの1レース1レースはすごく価値のあるものでした。今回3回目の挑戦でしたが、世界の一流ジョッキーが集まる中で、本当に1位になれるとは思っていませんでした。とっても幸せです」

【ホワイト騎手のコメント】
「日本ではたくさんのファンに応援していただけるので、今回このような素晴らしいシリーズの参加者として日本に帰って来られて嬉しかったです。昨年(11位)よりも順位がよかったので、ハッピーです。ただ、一生懸命プレイしたのに、2位だったのは残念でしたね」

【小牧太騎手のコメント】
「第3戦を終わって1位だったので、最後のレースでも総合1位を目指して頑張ったのですが思うように着順が上がらず残念です。しかし、出場できただけでなく、世界の3位にはなれたわけですからそれだけでも嬉しいです」

人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村 競馬ブログへブログランキング

blogbanner
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TCK.tv
おすすめ商品1!

広告

FC2カウンターは無料です カウンター                      月額で無制限に遊べる Shockwave gameblast                                     自然派コスメ エバメール化粧品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。