競馬の厩舎データと予想とニュース
≪2017年10月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   2017年12月≫
ほっとけない 世界のまずしさ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
QE2、マツリダゴッホ惜敗
2008年04月28日 (月) | 編集 |
 現地時間27日(日)に香港・シャティン競馬場で行われたクイーンエリザベス2世C(3歳上、香G1・芝2000m)は、K.シェイ騎手騎乗のアーキペンコ Archipenko(牡4、南ア・M.デ・コック厩舎)が、中団追走からゴール直前で一気に伸び、バリオス Baliusに1.3/4馬身差をつけ差し切った。勝ちタイムはレースレコードとなる2分00秒8(良)。さらに1/4馬身差の3着にビバパタカ Viva Pataca。蛯名正義騎手騎乗のマツリダゴッホ(牡5、美浦・国枝栄厩舎)は好位追走から4角先頭と積極的な競馬を試みたが、ゴール直前で差され、勝ち馬から4馬身差の6着に敗れた。

01 アーキペンコ Archipenko 2.00.8
02 バリオス Balius 1.3/4
03 ビバパタカ Viva Pataca 2
04 パッキングウィナー Packing Winner 2.3/4
05 キジャーノ Quijano 3.3/4
06 マツリダゴッホ 4
07 ミュージカルウェイ Musical Way 4.1/4
08 ヘレンマスコット Helene Mascot 5.1/2
09 ブリッシュキャッシュ Bullish Cash 6
10 ビバマカオ Viva Macau 6.1/2
11 サースリック Sir Slick 7.1/2
ジャックポットディライト Jackpot Delight 取消


 勝ったアーキペンコは、父Kingmambo、母がエイコーンS(米G1)3着のBound(その父Nijinsky)という血統の米国産馬。今年の阪神牝馬S(GII)を勝ったエイジアンウインズや、Sadler's Wells、Nureyevら名種牡馬と同牝系。

 06年8月にアイルランドでデビューし、3戦目で初勝利。07年の愛ダービートライアルS(愛G2・芝10f)で重賞初勝利を果たし、英ダービー(英G1)にも出走(17着)した。今年から現厩舎に移籍し、ドバイでアルファヒディフォート(首G2・芝1600m)を含む2連勝を飾ると、前走のドバイデューティフリー(首G1)ではウオッカ(4着)に先着の3着に入っていた。今回がG1初制覇。通算成績12戦4勝(重賞3勝)。

【蛯名正義騎手のコメント】
「最初の海外遠征なので、検疫や輸送で神経をつかってしまったようで、最後にスタミナが切れてしまいました。
現地に腰を据えて、落ち着いた環境で挑戦すれば、もっとやれるはずです。実力負けではないと思います」

【国枝栄調教師のコメント】
「いい感じで走れましたが、1コーナーで少しごちゃついた際に、馬のスイッチが入ってしまいました。決して力負けではないと思います」

人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村 競馬ブログへブログランキング

blogbanner
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TCK.tv
おすすめ商品1!

広告

FC2カウンターは無料です カウンター                      月額で無制限に遊べる Shockwave gameblast                                     自然派コスメ エバメール化粧品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。