競馬の厩舎データと予想とニュース
≪2017年08月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   2017年10月≫
ほっとけない 世界のまずしさ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帝王賞、ヴァーミリアンが最多タイのGI・7勝目
2009年06月25日 (木) | 編集 |
 24日、大井競馬場で行われた第32回帝王賞(4歳上、交流GI・ダート2000m、1着賞金7000万円)は、武豊騎手騎乗の1番人気(単勝1.6倍)ヴァーミリアン(牡7、栗東・石坂正厩舎)が、好位追走から2番人気フリオーソの追撃を振り切ると、同馬に3馬身差をつけ快勝した。勝ちタイムは2分03秒6(不良)。さらに5馬身差の3着に4番人気ボンネビルレコードが入った。

 勝ったヴァーミリアンは、父エルコンドルパサー、母がJRA1勝のスカーレットレディ(その父サンデーサイレンス)という血統。同厩の半兄に05年東海S(GII)など重賞4勝のサカラート(牡9、父アフリート)がいる。

 07年1月の川崎記念(交流GI)でGI初制覇を飾ると、同年のJBCクラシック(交流GI、大井)、ジャパンCダート(GI)、東京大賞典(交流GI)も勝ち、JRA賞最優秀ダートホースに輝いた。昨年はフェブラリーS(GI)、JBCクラシック(園田)を制し、ジャパンCダート、東京大賞典ではカネヒキリの3着、2着に敗れている。今年初戦のフェブラリーSは6着で、今回はそれ以来約4か月ぶりの出走だった。今回の勝利でシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、アドマイヤドン、ディープインパクト、ブルーコンコルド、カネヒキリに並びGI・7勝目となっている。通算成績28戦13勝(うち地方9戦8勝、海外2戦0勝、重賞11勝)。

 鞍上の武豊騎手は05年(タイムパラドックス)に続くこのレース2勝目。管理する石坂正調教師はこのレース初勝利となった。

【武豊騎手のコメント】
「昨年末も頑張ってはいたが、物足りない成績だった。勝利から遠ざかっていたので、なんとか復活してほしいという気持ちだった。馬の状態も最高によかった。スタートも良く、いいポジションでレースを運ぶことができた。直線の手応えも抜群で、ヴァーミリアンらしいレースができた。完勝です! 7歳になっても衰えはありません。これからますます活躍が期待できます」

【石坂正調教師のコメント】
「勝ちたいと思ってその通りに勝ってくれた。ヴァーミリアンはあんなものじゃないと思っていたし、まだまだ衰えはない。若いころと違いレースがうまくなったし、3コーナー過ぎで勝てると思った。今後、夏は休んで秋に備えたい。ここ2年と同じくJBCからジャパンCダートに向かいます」

人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村 競馬ブログへブログランキング

blogbanner
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TCK.tv
おすすめ商品1!

広告

FC2カウンターは無料です カウンター                      月額で無制限に遊べる Shockwave gameblast                                     自然派コスメ エバメール化粧品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。