競馬の厩舎データと予想とニュース
≪2017年10月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   2017年12月≫
ほっとけない 世界のまずしさ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンガポール航空国際C、タスカータソルテ敗れる
2009年05月18日 (月) | 編集 |
 現地時間17日、シンガポール・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m、12頭立て)に日本のタスカータソルテ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)が出走。やや出遅れ気味のスタートから徐々に進出したが、直線で伸びを欠き5着に敗れた。

 勝ったのは2番手追走から早めに抜け出した、T.ペレイラ騎手騎乗のグロリアデカンペオン Gloria de Campeao(牡5、仏・P.バリー厩舎)で、勝ちタイムは1分59秒20(良)。2着にプレスヴィス Presvis、3着にバンカブル Bankable、4着にポンペイルーラー Pompeii Rulerが入った。

 勝ったグロリアデカンペオンは、父Impression(その父Rubiano)、母Audacity (その父Clackson)という血統のブラジル産馬。06年11月にブラジルでデビューし、同地で重賞2勝を挙げた。その後、07年に現厩舎へ移籍し、前走のドバイワールドC(首G1)では2着に入っていた。通算20戦7勝(重賞3勝)。

岩田 康誠騎手のコメント
「手応えはありましたが、最後はジリ脚になってしまいました。」

藤原 英昭調教師のコメント
「この馬にとっては馬場が重かったように感じました。3着くらいはあってもよかったかなと思います。
 シンガポール遠征はよい経験になりました。またチャンスがあればシンガポールに遠征したいです。」

人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村 競馬ブログへブログランキング

blogbanner
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログの買い目予想をチェック!競馬馬券師ランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TCK.tv
おすすめ商品1!

広告

FC2カウンターは無料です カウンター                      月額で無制限に遊べる Shockwave gameblast                                     自然派コスメ エバメール化粧品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。